スパイク

 

ロッカールームに並ぶスパイク。

 

1選手平均3〜4足置かれています。多い選手は8足並んでたりします。

ピッチ状況で変えたり、アップ、前半、後半と変える選手もいます。

スパイクは選手にとって大事な大事なもの。

 

 

右がNEW。左がいつも使ってるスパイク。

新品とほぼ見た目わからないぐらい、スパイクのケアがされています。

毎試合、試合後に何十足も水洗いしたり縫い目の細かいところまで汚れを落としたり。

もちろん紐も外します。

紐は、選手によってこだわりの通し方があります。

各選手の紐の通し方を含めすべての対応が頭に入っていると。

 

 

そんなスパイクを管理しているには…、マネージャーのシンペイ!!

こういう一つ一つの細かなサポートが今の状況につながっていることだと思います。

 

 

マネージャーの仕事はホント大変です。

今回、あらためて日々の話を聞いたり、スパイクの対応の話を聞いて、すごさを痛感させられたと同時に自分もっとがんばらなきゃなと思いました。

チームを支えているマネージャー、リスペクトです!!


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

profile

-- data -----------------------
著者名:川井光一
自己紹介:宇和島市出身
生年月日 1979.3.29

-- history ---------------------
1994〜1996 城南中学校
1996〜1998 南宇和高校
1998〜2001 中京大学
2001〜2006 愛媛FC選手(JFL/J2)
2007.1〜 広報・ホームタウン担当
2008.5〜 事業担当
2010.11〜 広報・ホームタウン担当
2013.1〜 運営担当

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode